農産物の輸出

今日は、気持ちよく晴れ渡りました。7時の気温は-3.2度。あまり低くはないですが、少し風が吹いていますので、肌寒く感じます。

今日はバレンタインデーですね、私はドキドキすることもなくなってしまったのですが、今日を境に歴史を刻み始めるカップルも多いことでしょう。よい日になればいいですね。

さて、少し前から注目される話題として、農産物の日本国内から海外への輸出があります。輸入ではなくて、輸出です。小泉首相のメールマガジンにも取り上げられたこの話題、今後の動向が注目されます。品目数、出荷量共にまだ少ないですが、今後着実に増えると予想されます。輸出のメリットは、販売価格です。購入者が海外の富裕層で、日本国内より有利な販売価格なのです。
 輸出の手続きは比較的簡単なようで、個人でも可能とのこと。どのような広がりとなるか楽しみです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください