2011富士登山 その4 山頂で突風に襲われる

大沢崩れの様子

富士山最高峰の剣が峰を後に
大沢崩れを眼下に望みます

大沢崩れは毎日ダンプカー何台分かの
土砂が崩れ
長期的には富士山の形を変えると
言われています

何度眺めても怖さを感じる風景です
この日は風が強かったので
なおさら怖さを感じました

しばらく大沢崩れを眺めていると
風が急に強くなり
突風となって飛ばされるほどの
強さになりました

その時の映像です

この場所は両端が崖になっている場所で
飛ばされたら滑落の危険がありましたので
体を低く風を避けながら
ゆっくり進みましたが
ときより飛ばされそうになり
冷や汗が出ました

富士山下山道

突風で思うように進めず
3時間も山頂で過ごしてしまったため
下山を始めたのが午後3時
遅い時間となってしまいました

既に富士山頂には我々親子しかいません

10月に入ったので
日も短くなっています

さてあとは下山するだけ
途中から真っ暗闇になりましが
足に負担がかからないようにゆっくりと下山しました

今年の富士登山は
事前の運動不足のため
少しきついものとなってしまいました

来年は
しっかり備えをして臨みたいと思います

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください