そんな手があったのか!

と思うニュースを最近目にしました
地元スーパーマーケットが、地域のパパママストアに
商材を卸値で供給し、生き残りを応援する
しかも少量単位から供給する

郊外の大型店にお客を奪われ
苦戦している商店には願ってもない話しでしょう

たしかヤマダ電機も同じような取り組みをしていたような・・・

地域商店が競争力を持つことは
みんなにとって良いことですから
こんな取り組みがどんどん起こればいいですね

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください