富士山写真日記 > 雑記 > ヤモト農園のイチゴテレビ生放送

ヤモト農園のイチゴテレビ生放送

ヤモト農園のイチゴテレビ生放送

山梨放送 (YBS) の 『ともちゃんちの5時』 という県内有名番組に生出演したヤモトさん、当日の様子です。

ディレクターさんに撮影許可をいただきました。

中継車

14:10

スタッフ集合。番組は17時スタート、3時間で 設営→リハ→本番 と慌ただしいです。

 

 

カメラマンさん

カメラマンさん

生放送は、やはり緊張するそうです。

放送中にアクシデントが起こった場合、それをどう乗り越えるかが腕の見せ所だとか。

ライトやケーブルの設置、機材チェックが次々に行われます。



 

中継車内

中継車の中

ミニスタジオのような感じ。

 

ディレクターさん

番組中に使う映像を編集するディレクターさん

頭の中では番組が秒刻みで出来上がっているんですね。

 

アナ

14:36

アナウンサーさん到着

早速、下打ち合わせの開始。

 

スタッフの皆様

15:00

スタッフ全員で、進行チェック

 

小物

番組の中で説明に使う小物

 

リハーサル開始

15:15

リハーサル開始

 

番組を生かすも殺すも、アナウンサーの仕事。

台本を全部頭の中に入れた上で、機転の効いたトークが求められますからたいへんです。

 

ヤモトさんと技術さん

マイクを付けてもらう、やや緊張したヤモトさん。

 

この後、本番さながらのリハ → 本番 となります。

 

この番組、スタジオの 「ともちゃん家族」 と現場との会話で進行するのですが、父親役の小島一慶さんをはじめ、アドリブでみんなが喋るものですから、現場のアナはたいへん。

収録後、ヤモトさんに聞くと 「自分にはスタジオの様子が見えず、イヤホーンの声だけを頼りに喋るので、難しかった」 そうです。

 

本番は大成功! ヤモトさん、上手に説明していました。

 

おかげ様で翌日は、多くのお客様が売店を訪れ、大盛況でした。やっぱりテレビの反響は大きいですね。

YBSのディレクターさん、アナウンサーさん、技術スタッフさん、ありがとうございました。皆さんとても礼儀正しく、気持ちのよい方ばかりでした。また何かの機会に是非、取材にいらしてください。

 

実は、私の本年最大の目標は 「私自身のテレビ全国放送出演」 です。山梨県の果物農家を活性化するために、ドンドン目立っていきますよ~~!!

コメントの数 : 0

コメントをお寄せ下さい
ブラウザに お名前等を 保存しますか?

トラックバックの数 : 0

ヤモト農園のイチゴテレビ生放送 from 富士山写真日記 へのトラックバックURL
http://www.paci-fic.net/wordpress/wp-trackback.php?p=154

富士山写真日記 > 雑記 > ヤモト農園のイチゴテレビ生放送

Feeds

ページの先頭へ戻る