富士山写真日記 > 富士登山 > 私が富士登山に目ざめた日のこと

私が富士登山に目ざめた日のこと

私が富士登山に目ざめた日のこと

それは2006年10月10日
気持ちよく晴れた体育の日のこと
当時、富士河口湖町に住んでいた私が
小学校3年生の長女に
語りかけたひと言から始まりました

私「ねえどこか行かない?」

娘「う~~~~~ん」「富士山!」

散歩のつもりで
コンビニでチョコとナッツを買い
ビニール袋をブラブラさせながら
歩き出す二人

富士山に登る感覚はなく
ただただ
とぼとぼと
歩き続け
気がつけば7合目にいました

10月10日は
晴れの特異日
富士山から東京方面を見る
(その日の写真)

初めて見る富士山からの
大パノラマに驚きました

吉田口登山道から
見える景色は東京方面で
ずっとずっと遠くまで見えます

風もなく
汗ばむくらいの秋の日
まだ富士登山ブームでなかったので
そこにいるのは我々二人だけ

美しい
気持ちいい

長女と私は
そこで富士登山と恋に落ちました

きっと山頂まで行ったら
もっともっと
気持ちいいに違いない

もっと気持ちよくなりたい
来年は山頂を目指そう

これが富士登山を始めるきっかけでした

コメントの数 : 0

コメントをお寄せ下さい
ブラウザに お名前等を 保存しますか?

富士山写真日記 > 富士登山 > 私が富士登山に目ざめた日のこと

Feeds

ページの先頭へ戻る