富士山写真日記 > バックナンバー > 2011-03

2011-03

義援金をおくるための取り組み

富士山


私に出来ることは被災地域へ義援金を送ることと考え
販売中のイチゴの売り上げ金2割を
義援金とさせていただくことにしました


また
販売価格もお求めやすい金額に
改訂させていただきました


少しでもお役に立てますように・・・・

イチゴ販売ページはこちら

日本赤十字社へ義援金

わずかな額ではありますが
本日 日本赤十字社へ義援金を入金させていただきました


まだ被害の全容が明らかになっていないどころか
引き続き危機的な状況にあることに
深く心が痛みます


リビングのテレビに
惨状が映り続けていたのですが
小さな子供にはストレスとなるので
あまり見せないほうがよいそうです


うちの下の娘も怖がって地震当日は
ずっと指をおしゃぶりしていました


これ以上悪いことが起きませんように

朝がのんびりと始まる 「Eテレ 0655」

あさやけ


朝が早くなり
日が延びているのを実感します

きっと果樹 (果物の木のこと) も
目を覚まそうとしていることでしょう


さて、わが家の朝に
お気に入りのテレビ番組が増えました


Eテレ 0655


です

なんとも
なんとも の ・ ど ・ か


一日が平和に始まります

一日の終わりを締めくくる
「2355」 もお薦めです (リアルタイムでは見たことありません)

やっとチャンスが巡ってきた

富士山


念願だった仕事が始動しようとしています



「仕事を通じて多くの人を幸せにする」
「少ない人ではダメだよ  多くの人を幸せにする」
「どうやったら自分は多くの人を幸せにできるか考えながら道を決めなさい」

日頃自分の子供に言い聞かせている
あるべき論


やっと自分もそのスタートに立てそうです


この小さな芽吹きを大切に
多くの人の力を借りながら
大きな木に育てたいと思います

wordpress(ブログツール)にいろいろ入れる

wordpressに使えそうなプラグインを入れてみました


cssをいろいろいじらなくてもプラグインで
実現できてしまうのが超素敵

ちなみに今日はツイッターとの連携
facebookとの連携を自動で行う
プラグイン他諸々入れてみました

このページは無事に動いているかの
確認テストページでもあります

観光地として山梨県がすべきこと

講師:皆さんはどんな観光地に行きたいですか?

生徒:景色が綺麗なところ
生徒:食べものが美味しいところ
生徒:面白いところ
生徒:人気のあるところ
生徒:風情があるところ
生徒:落ち着けるところ
生徒:温泉が良いところ
・・・・・

観光地として栄えたいがため
新聞には特集記事
政治家は箱物
商工会議所はアレンジ

さまざまな取り組みが行われているのですが
私は答えは自分自身の中にあると思うのです

先ほどの問答のように
自分がまた訪れたい山梨をイメージできなければ
いくら小手先の取り組みをしても
成果は出ないと思います

最も大切なこと

それは受け入れる人のハート
受け入れる人が来る人の気持ちになり
「出来る限りのホスピタリティーをもって接する」
このことに尽きると思います

ディズニーランド
高級ホテル
継続的に多くの人を集めるところには
手厚いホスピタリティーがあります

迎える側にホスピタリティーがあれば
お客様の要求を肌で感じることが出来ますし
何を改善すべきかが的確に見えます

ではどうしたらいいでしょう?

ホスピタリティーは
持てと言ってもなかなか持てません
勉強して
場数を踏んで
自分自身が成長しなければなりません

要は
県として
ホスピタリティーを持ちたいと思う者に場所を提供し
自費(少し補助)で勉強させるべきです
そして個人個人にランク付けをして
さらなる高みを目指して
競わせるべきです

モチベーションが高くなった人からは
自分が何をすべきかは自ずと答えが出ます

多くの県民が
「私のおもてなし」 を持ち寄れば
自然と素晴らしい観光地になれるのではないでしょうか

私の考え⇒まず上質な教育

したいことをするのではなく
「して欲しいことを する・できる 人になりましよう」

今年の富士登山のために



今年も富士登山する予定ですが
装備を一新しています

買い換えたのは 登山靴 と レインウェア
どちらもゴアテックスのを買いました

登山靴は一年に1回しか履けないのはもったいないので
普段でも履けるのにしました

半月ほど前からジョギングも再開
早朝は寒いので昼間に走っています

冬はどうしても走るのをやめてしまうのですが
昼間暖かい時間に走ることで年間を通じて走ることにしました

富士山写真日記 > バックナンバー > 2011-03

Feeds

ページの先頭へ戻る