富士山写真日記 > バックナンバー > 2010-05

2010-05

巨! 巨大なプリンが~~~~

これは南アルプス市方面からの映像

このあたりに住む人は

こんな姿を眺めながら生活しています

美しいですよね

巨大プリンの拡大写真

河口湖に住んでいた頃の写真は

向かって左側が正面でした

 

向かって右側の溝が

有名な 「大沢崩れ」

毎日ダンプカー何台分かの土砂が

落ちていくそうです

 

よく見ると山腹に

一筋の線が見えますか?

これが富士スバルライン

この線の左端が富士吉田口登山道入り口

富士山5合目となります

5合目あたりが

多くの植物がそこより高いところに

生育できなくなる

「森林限界」 となっております

山頂

右端の小高い場所が標高日本一の

「剣が峰」

ついでに

昨年登頂したときの

満足げな私の写真を

再掲載 (^_^;

昨年の登山日記はこちらで読めます

頭が真っ白け

青く地面が見えていた富士山に

また雪が降ったようですね

先日

春を告げる 「農鳥」 が現れたと

新聞で見ました

この時期の雪はあっという間に消えますから

夕方頃にはまた地肌が

見えてくるでしょう

山頂の今朝の最低気温は

-11度

寒さもゆるんでいるようです

リンゴ見直したぜ

iPhoneとの時間が2ヶ月過ぎました

細かな改善要望は多々ありますが

夏には新しいOSが乗るらしいので

楽しみです

しっかしよく出来ています

この携帯

 

昨今の話題はiPadに移っていますが

アメリカでは購入者の9割が満足しているそうです

 

これって恐ろしく高い

満足度ですよね

iPadにも欠点はあるでしょうが

その欠点を遙かに上回る驚きが詰まっているのでしょう

 

日本国内メーカーが

スマートフォン市場に乗り遅れたのは

アンケート結果で

スマートフォンに魅力を感じるユーザーが少なかったため

だそうです

 

それがふたを開けたらこのありさま

過去のアップルは

オタッキーなイメージがありましたが

今は感動を与えてくれる企業に変わりました

すごい すごすぎる

iPadも

私の生活を豊かにしてくれるのでしょうか?

悩みを聞いてください

先日ふと見つけた 日本タンポポ

プランターで芽を出しました

 

http://www.paci-fic.net/sanpo/post-341.html

上の日記で書きましたが

日本タンポポは

他のタンポポの花粉無ければ種をつけないとのこと

言い換えれば

芽が出た=受精していた=別の日本タンポポの花粉がついていた

と考えられます

しかし

私が見つけたその場所は

何本かのタンポポの株がある場所ではないのです

そこで浮上する問題

この芽は本当に日本タンポポか?

 

私はこの (たぶん) 日本タンポポを

近くの公園へ植えたいのです

なかなか見ない在来種ですからね

日本タンポポであれば

ドンドンと増えることはなく

公園の片隅にひっそり咲いてくれるでしょう

わかる人にだけ

ひそかにめでてもらいたいのです

 

しかし問題が2点

1.これがもし日本タンポポでなかったら?

2.公園という公共の場に勝手に植えてはマズイこと

 

どう判断しようか~~~?

雲の上で事件が起きる?

ここから北を見た甲府市街です

甲府駅ビルはあるのですがそう高くないため

明確な位置は確認できませんが

だいたい 「東急イン」 の向こう側に甲府駅があります

 

さて

今日の曇り空のように

クラウドコンピューティングという言葉が

時代の言葉のようにもてはやされています

私も便利な技術なのでだいぶ前から使ってはいます

 

クラウドコンピューティングを

超簡単に言うと

データはホストコンピューターに保存してあるので

ネットにつながるコンピュータがあれば

パソコンの中は空っぽでも

どこでも仕事が出来ますよ

ってことです

ウルトラ便利ですよね

 

でも

正直な話し

私は恐がりなので

大切なデータは門外不出にしています

だって

人間が作った技術に絶対は無いですから・・・

どうでも良いデータは

クラウドコンピューティング大いに結構

でも

クラウドしないと乗り遅れるような

現在の風潮はどうかと

その名の通り

クラウド=雲 ですから

雲の上で何が起きているか

下からは見えないのです (^_^;

 

雲と言ったら

年末の 「坂の上の雲」 すごく楽しみだよ~~

消えない記憶

それがいつだったのか

どのような状況だったのか


記憶のひもがとけない昔の記憶があります

それはたいへん印象深かった事だったり

理由がわからないけれど覚えている記憶もあります

 

このタコの形をしたすべり台

ずっと私の記憶に残っていましたが

詳細が思い出せませんでした

 

子供の私にはこの奇妙な姿が

とても印象深かったのを覚えています

 

実はこの公園

今の住まいの近くにありました

大通りから入っているので

今まで気がつきませんでした

きっと親類の家に来たときに

遊ばせてもらったのでしょう

何十年ぶりかの再会に心のわだかまりが

一つ取れた感じです

 

記憶って不思議ですね

昨日のことを忘れてしまうのに

何十年も忘れないこともある

心理学や脳科学ではそのメカニズムが

解明されているのでしょうか?

きれいな夕焼けを久しぶりに見ました

やるぞ!地域活性化

5月16日(日)

晴天のもと地域の運動会がありました

時季外れの開催だこと
と思いましたが

陽気もちょうど良く

たいへん気持ちよい一日を過ごすことが出来ました

 

我が家族は近くに親類はいるものの

ここでは新参者

顔を覚えてもらうために迷わず参加いたしました

 

出てみてわかったのですが

確かに60代以上の方が圧倒的に多く

見た目は高齢化が進んでいるようです

 

参加した年齢層は

60歳以上 70%

40代 15%

小学生以下 10%

ざっとこんな感じで

中学生~20代と50代が極端に少ない感じでした

たぶん少なからず上記の年齢層の方も

近隣にお住まいなのでしょうが

参加されないのだと思います

 

私の実家がある地域の運動会は

たいへんな盛り上がりをみせます

中学生~高校生の参加は少ないものの

田舎ですので 「参加しないわけにはいかない」

感じがあります (^_^;

でも

そういう気持ちが地域を盛り上げるのだと思います

 

旧市街地の衰退が叫ばれますが

私は地域の人が時々集まり

老若男女とわず夢を語り合えば

きっと何かが生まれてくると思っています

私は徐々にではありますが

この地で密かに地域の活性化に取り組むつもりです

理由は

そのほうが自分自身が生きやすいですし

防犯上も良いですし

なにしろ楽しいからです

 

運動会は当地区がV2達成!

リレーは私がゴール直前で力尽き転倒したため

2位でした (T_T) ふがいない自分に 反省 反省 反省

反省会2次会には

このマンションのお父さん方8人が集まりました

だいたい同じ世代

気さくな方が多いのでこれからの展開が楽しみです

やっぱり富士山は美しい

久しぶりに河口湖方面に行きましたので

ぽちっとな してきました

やっぱり富士山はちれいじゃのう

山頂付近はこんな感じ

農鳥は今シーズン現れるのでしょうか?

今年も登っちゃるぞ~~!

すべての写真は

河口湖大橋からの撮影です

気に入っている撮影スポットです

土曜日の撮影ですが

以前は死ぬほどいたバスアングラーはほとんど居なくなりました

まだ寒いから釣れないかな?

今年も富士登山する予定

変な写真でスミマセン m(_ _)m

実はこの写真

ここから見える富士山なのです

少し左にカメラを振ると

ビルの一部が入ってしまうので

こんなアングルなのです 
(T_T)

ちなみに 富士山頂を指している棒は

ビルの避雷針 (^_^;

富士山

だいぶ雪解けしていますね

これは西側の風景
南アルプス連峰です

「やまなし」 という県名に反して

山ばっかり

この県の森林率は70%なのだそうですが

実は日本の森林率も同じ70%なんですって!

 

話しを富士山に戻しますが

今年も8月に富士登山しようと

長女と話しています

しかし昨年の晩秋から

体力作りのジョギングをしていません

一度休むとなかなか始められないんですよね

私のパソコンデータ保持方法

甲府駅北側の山から

甲府盆地と遠くに富士山が見える風景です

手前に少しだけ高い建物が集まっているのが

甲府駅周辺です

 

さて

やっとこさメインPCの帰宅


一日かけて使える状態となりました


 


パソコンは機械ですから

いつかは壊れます


ですが

データを無くしては困りますので

バックアップが必要です


私の場合

物理的に壊れる可能性が一番高いハードディスクを2台使い

同じデータを保持するミラーリングというしくみにしています


こうすることにより

仮に一つのハードディスクにエラーが発生しても

もう一つが救ってくれるというしくみです


 


またその他に


外付けハードディスクに

一週間に1回バックアップをとっています


外付けハードディスクはつなぎっぱなしではなく

バックアップの時のみつなぎます


つなぎっぱなしにしておくと

もしデータが壊れた場合

外付けハードディスクのデータも壊れてしまうからです


 


結局今回の故障で

電源以外すべて取り替えとなりました


パソコンショップの店員さんが言うには

使用頻度にもよりますがハードディスクの寿命は

3~5年くらいだそうです


メインパソコンのハードディスクは

毎日使い4年ほど経過していましたので

ちょうど良い機会でした


 


余談ですが

バックアップした 
CD DVD のデータも

ある日突然こわれることがあるので

なるべく高価な日本製で

保存したいデータは

年に1回くらいは新しいディスクに焼き直した方がよいそうです

富士山写真日記 > バックナンバー > 2010-05

Feeds

ページの先頭へ戻る