富士山写真日記 > バックナンバー > 2006-10

2006-10

食生活を変えました

富士山冠雪

久しぶりに姿を現した富士山には、ご覧のように白いお帽子が乗っかっていました。

富士山冠雪

富士山を子供に書かせると、たいがい山頂を白く描きますが、富士にはやはりこの姿が似合います。

 

さて、話は全然変わるのですが、ちょっと前にかかりつけのお医者様に断食を勧められ、一度はチャレンジした私ですが、断食は断念しました。

食べないのはつらすぎました。 (ToT)

でも健康には注意したいな~と思っているところに現れた一冊の本。

「病気にならない生き方」 新谷弘実先生著 は、衝撃的でした。

100万部突破らしいので、読まれた方も多いと思いますが、おかげで我が家の食生活はガラリと変わりました。

また 「食品のカラクリ」 別冊宝島 を読んでから、食品をより注意して選ぶようになりました。

4ヶ月で体内の細胞は全て入れ替わるらしいので、来年初めには健康な私になっているはず。

楽しみです。 ヽ(^o^)ノ

富士山7合目までお散歩

富士山 登山道
あまりにも穏やかで、澄み渡った空の 『体育の日』

小学3年の長女が 『富士山に登りたい』 と言い出す。

富士山関係のテレビ番組は欠かさずチェックする我が家ですが、先日、保育園児が富士登頂する番組を見て、奮起したようです。

初冠雪もあったし、紅葉でも見に行くつもりで富士山へお散歩に行って来ました。

青空の下、5合目には多くの観光客が訪れていました。

富士山より望む山中湖
山中湖を望む

手前白く見えるところは、北富士演習場。

富士山の紅葉
紅葉は始まったばかり、という感じでしょうか。色づいている葉は、少なかったです。

富士山登山道
登山道を歩いていると視界が開け、いきなりこの景色が。

砂防ダム?と言うのでしょうか、自宅から望遠で見えた筋みたいな線が、この構築物であることが判明。

砂防ダム
こんなのもあります。

山小屋
無風で快晴、下着とシャツで汗ばむ陽気。こんなに良いコンディションの富士山は、一生に今日だけかも?と思うほど恵まれた日。

歩きやすいのですが、今日は思いつきの登山。というか散歩。目的地がありません。どこまで登ろう?まだ登るの?と娘に聞くと 『登る』 と返事。

トボトボ歩いていると、あれま山小屋発見!

家から、朝日に染まったり、夜 灯りが見える山小屋が目の前に。本物の山小屋だよ~。

何しろ景色がよいので、楽しみながら息も切れず、登れます。

富士山 山小屋
1軒目の山小屋のところに 『7合目』 の文字。をいをい 散歩のつもりが 7合目まで来ちゃったよ~

多くの山小屋は、8月末で閉まってしまうんですね。ここは営業中。カップラーメンが600円で売っていました。さすが富士山価格!

富士山 山小屋
ものすごい風が吹くのでしょう、屋根には重しの石がいっぱい。

富士山 登山道
この辺りから溶岩を登ることに。

富士山頂
山頂はすぐそこに見えるので、簡単に登頂できそうな錯覚を覚えます。

山中湖を見る
ということで、ダラダラ歩いていたら頑張らずに7合目の中盤?辺りのところまで登ることが出来ました。

標高は、2800mほどでしょうか (5合目は標高2300m)、山頂へは、まだ900m登るのでこれからがたいへんなのでしょうが、こんなに気持ちが良いのなら、富士山頂を目指したいという気持ちがふつふつとわき上がってきました。

富士登山ルート
帰りはゆっくり道草しながら下り、所要5時間ほど。娘の 『富士山登りたい』 から始まった今回のお散歩、私もとても楽しめました。

来年は頂上を目指したいと思います。

7日 富士山初冠雪

富士山 初冠雪

10月7日 富士山が初冠雪しました。平年より6日遅く、昨年より4日早いとのこと。

10月7日 雲の中に隠れた富士山を麓から見ていて、冠雪しているかも?と思っていたら、予想通り。富士山の冠雪は、甲府地方気象台で観測された日を初冠雪とするのですが、今年は麓より遠くの甲府気象台に先を越された感じです。

意外と麓の方が、曇っていて富士山が見えないことが多いんですよね。

富士山頂の 冠雪

ご覧のようにほんのちょっと、この雪は根雪になるのでしょうか?

昨日の山頂の最低気温は、-8度。寒くなっていますね。

富士山5合目付近

五合目付近の写真。色からすると、紅葉が始まっているのでしょうか?見に行きたいですね。

ところで 話は少し変わりますが 『富士山検定』 なるものが始まりました。

富士山を世界遺産に認定してもらうため、多くの皆さんに富士山についての知識を深めてもらいたいというのが主旨らしいですが、皆さんもチャレンジしませんか?

試験に合格したらどうなるというのは無さそうですが、私は最近 『試験』 というものから遠ざかっていたのでチャレンジします。

富士山写真日記 > バックナンバー > 2006-10

Feeds

ページの先頭へ戻る