富士山写真日記 > バックナンバー > 2006-06

2006-06

さくらんぼ 総括

alt="富士山 写真"
src=
"http://www.paci-fic.net/images/06_06_27_1.jpg"
width="560" />

alt="富士山頂 写真"
src=
"http://www.paci-fic.net/images/06_06_27_2.jpg"
width="256" />

怒濤のようなさくらんぼの時期が過ぎ去っていきました。

さくらんぼ狩りには、何千人もの皆様にご来園いただき、また、産直販売も多くの皆様にご利用いただきました。

この場を借りて厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。

さて、今年は春先の天候不順やその後の日照不足に悩まされましたが、逸品やまなしの園主たちは逆境にめげず、よく頑張ったと思います。
さすがだな、と改めて実感いたしました。

その結果、本年もおびただしい数のお褒めのメールを頂戴し、農園では笑顔いっぱいの開催期間でした。ほんとうにありがたいことです。
いただいたメール、子供達の描いてくれた可愛い絵は順次掲載させていただきます。

 

話は変わりますが、今シーズン、さくらんぼについて、幾つかの事で私は非常に寂しい気持ちになりました。

一つはスーパーに並ぶ真っ白のさくらんぼのパック。見た方いますか?日照不足ですからしかたないですか?…そんなことはありません。
これは多くの農家の努力不足です。日照が不足しそうなら、光合成を活発にする資材等もありますし、反射マルチをタイミングよく敷くことで、
なんとかすることは可能です。逸品やまなしの担当農園も条件は同じですが、まっ赤なさくらんぼがたわわに実っています。

またある方からは、北の大生産地では雨が降ると実割れするので、雨が降る前に収穫してしまえと言うことで、
未熟なさくらんぼが多量に市場にあふれ、市場価格を下げた…と聞きました。

色も無い、味も無いようなさくらんぼを、出荷する生産者。それを売る小売店。買う消費者。
私の感覚ではとうてい理解できないことが起こります。

 

また別の話ですが、さくらんぼ狩り最終日の6月25日、私の携帯へ 「お土産だけでも買いに来たい」
 というお客様からの電話が入りました。実はこの方、あるさくらんぼ狩り園へ行き、さくらんぼが殆ど実らない1本の木で、
しかも大人数でさくらんぼ狩りをさせられたとのこと。あまりにショックを受け、お子さんもいらしたので、なんとかお土産だけでも買いたい!
と、わらにもすがるお気持ちでご来園されました。

聞くと、インターネットでさも立派そうに文章を並べている園で、私は呆れて物も言えませんでした。まあ、どの世界にもいますよね、
話は立派ですけど、実力が伴わない人。だまされないようにしましょう!

 

果物狩りでお会いした方にはよく申し上げるのですが、農家は一軒一軒が独立ですので、その園主の考え方で作られる果物は、
雲泥の差が出ます。ですから果物好きの方は、産地やブランドだけで果物をお求めになるのではなく、「どの生産者が作った果物か」
 で選ぶのが正解だと思います。

世の中2極化していますが、逸品やまなし は、引き続き 「最高品質の果物を扱うインターネットサイト」 であり続けます。
今日いただいたメールに 「これからも美味しい山梨の果物の伝道師、がんばってくださいね」 とありました。応援メールが私の原動力です、
頑張ります!

好きです 男前豆腐

富士山
富士山

雪も溶けすっかり徐々に夏山になろうとしている富士山、梅雨時期には殆ど見えないのですが、昨日今日はよく見えています。

昨日今日と昼間の気温は26度を超え、半袖半ズボンでキーボードを打っていますが、夏が近いのを感じます。

さて、最近食べたものの中で 「これはうまい!」 と感動できるような商品はありましたか?私は久々にありました。それは 「男前豆腐店」 の豆腐シリーズ た~いへんふざけた名前の豆腐ですが、冷ややっこが苦手だった私に自分から食べようという気にさせた偉大な豆腐です。

以前テレビで見てこの会社を知っていたのですが、明るく仕事にのめり込んでいる面白い会社です。興味がありましたら、男前豆腐店のホームページをどうぞ、このページも恐ろしくふざけています。凄いぜベイベェ~

久しぶりの富士山

富士山写真

だいぶ更新が滞ってしまったこのページですが、梅雨入りと共に全然富士山は姿を現しません。ひさ~しぶりにちょこっとだけ山頂が現れたものですから、パチリ。

富士山頂写真

富士山は7月1日より山開きで、賑やかになります。おそらく今、山小屋では急ピッチで受け入れの支度をしていて、雲がなければ夜には山小屋の灯りが見えるのでしょうが、雲がいつも邪魔します。

さくらんぼの季節も半分が過ぎ、翌月からは桃・ブドウの季節に入る山梨県です。

ブドウと言えば、今年は網野さんのいろんな品種のブドウをお届けできそうです。一昨日お邪魔したところ、今年はすこぶる生育が順調とのこと、楽しみです。今回聞いた面白い話は、春先から塩とアミノ酸を必要に応じて園に散布したようです。普通農園では邪魔者の塩も、使い方によって爆発的に植物を活性化できることがあることを身をもって体験したそうで、生きものの世界は奥が深いです。アミノ酸に塩、網野さんの園の土は美味しそうです (^_^;

幻のブドウと呼ばれる品種も、お届けできそうですよ!お楽しみに。。。

富士山写真日記 > バックナンバー > 2006-06

Feeds

ページの先頭へ戻る