富士山写真日記 > バックナンバー > 2006-05

2006-05

富士山雪山に逆戻り

富士山

いやいやビックリしました。今朝起きるとご覧のように富士山が雪山に逆戻りです。二日前の写真と見比べていただくと、よくわかります。

富士山冠雪

夕べ寒気が入ってきたということでデーターを見ましたら-10度まで下がっていました。一晩でこの変貌ですから、山って怖いですね。

ただこの雪、気温は高くなっているので溶けるのもきっと早いと思います。

日照不足

富士山

なんか梅雨みたいな天気続きで、日照不足です。今のところ心配になるような状況ではありませんが、この後どのようにこの日照不足が影響するかが心配です。こんな時は身にしみてお日様のありがたさを感じます。

農鳥

春先に現れた農鳥が、また見えるようになりました。昨年のに比べて、格好良くないですね。下が春先に見えた農鳥。

富士山山頂

彩雲現れる

富士山

久しぶりに太陽が出たと思ったら気温が急激に上昇していて、今日の予想最高気温は26度っていきなりかよ!

まあそれにしても久しぶりの青空を見るとホッと致します。会いたかったよ~>青空 ヽ(^o^)ノ

彩雲

久しぶりの晴天を見ていると 『彩雲』 発見!

彩雲

珍しい現象ではないようですが、端っこが虹色に輝く雲なんて素敵ですよ。

でもこの彩雲、いつも出来ないところに浮かぶ吊し雲で、そのため今日の高温かも知れません。

富士山は姿を現しません

お中道

富士山を拝むことが出来ない日が続き、富士山禁断症状になった私は5合目まで行けば何とかなるだろうと雲の中に突入!

結果は、真っ白白のひどい霧?雲?でした (ToT)

写真は五合目の登山道までの道。一枚くらい写真を撮らないとと思い、雲が薄くなったところでパチリ。ご覧のように雪がまだだいぶ残っています。

雪が無いときに来た五合目でどうして木がこんな形をしているのだろ?と思っていたのが納得。

ご覧のように斜面を下りてくる雪になぎ倒された感じになるからなんですね。

天気がよくないと美味しい果物は出来ませんから来週は晴れて欲しい!と切に願うアシザワです。

雪がだいぶ溶けました

富士山
富士山頂付近

久しぶりに富士山を拝むことが出来ました。何日ぶりかに見た富士は、ご覧のような姿に…

暫く雲の中で顔を見せなかった富士山ですが、だいぶ雨が降ったようで雪が溶けました。

これでも去年の日記と見比べてみると雪は多い方です。春を告げる農鳥は現れないかな?

梯 剛之(かけはし たけし)さん と ど根性スイセン

全然更新がないので「アシザワに何かあったのか?」とお問い合わせをいただくほど更新が滞ってしまい、すみません。m(__)m

私は元気です!

実は、PCを入れ替えたのです。データーの移行は、ケーブルを使って出来るのですが、ソフトの設定に手間がかかりました。

 

さて話は変わりますが、先日 梯 剛之 (かけはし たけし) さんという全盲ピアニストのコンサートを聴いてまいりました。

たまたまラジオで彼のことを知って出向いたコンサート、確かに彼は目が不自由なのですが、ピアノから流れ出るキラキラとした音だけを聴けば、全盲の人が弾くピアノとはとても信じがたい、素晴らしい演奏でした。

彼は自分に負けるのがいやで、一日8時間も練習しているそうです。

また、彼は子供にクラシック音楽を伝える活動もされています。会場で少しばかりの寄付をさせていただきましたが、これからも頑張って欲しいですね。


上のスイセン 実は左のような姿です。これは「逸品やまなし」メンバー、矢野さんの家の庭に咲くスイセンです。

矢野さんが 『面白いだろ?』 と教えてくれました。たまたま柵の真下の球根が芽を出したのですが、普通スイセンは葉の先のあたりに咲きます。ですから、このスイセンは通常の倍以上に首や葉を伸ばしています。

矢野さんのお母さんに聞くと、2年前までは花を咲かすまで延びなくて終わり、3年目の今年このような花を咲かせたとのことでした。

梯さんのピアノ、このスイセン 『やれば出来る!』 って元気をもらいました。

梯 剛之 さん の ウェブサイトは こちら

富士山写真日記 > バックナンバー > 2006-05

Feeds

ページの先頭へ戻る