富士山写真日記 > バックナンバー > 2003-04

2003-04

花 ・ 花 ・ 花

行き過ぎる春を惜しんで、カメラ片手に花を撮りに行ってきました。

 家の近くにある桜の木です。大木ですから、樹齢も相当でしょう。

はらはらと花びらが散るさまは何とも言えず、立ちつくしてしまいました。
 同じお寺の別の桜の木。

桜には、瓦屋根が似合います。
 桜の花と、スモモの花。
 スモモの花と、桃の花。
 高台から見た、桃源郷。

「ピンク色の絨毯」と言われます。
 ミツバチの気分で、桃の花に近づきました。
 タンポポ畑。
 桃の花と菜の花。
日本には四季があり、その時々の表情がありますが、長い冬を耐え芽を吹いた植物を見ると、こちらも元気をもらったような感じがします。

ただ、花の時期はたいへん短いので、花が散ってしまうと何となく寂しい気分になるのは私だけでしょうか・・・。

富士山写真日記 > バックナンバー > 2003-04

Feeds

ページの先頭へ戻る