Home > お散歩

お散歩 Archive

桃源郷を散策

山梨県は桃源郷の里となりつつあります。桃の花を見に毎年行く、高台へ行ってみました。

桃源郷

平野部では満開となっています。ピンク色のじゅうたんですね。

桃 スモモ 菜の花

この時期いろんな花を一度に見ることが出来ます。

Continue reading

結氷する河口湖

結氷する河口湖

寒い寒い、例年ですとほとんど凍らない河口湖が結氷し始めています。結氷域は、これからもっと増えるのでしょうか?今朝の最低気温は、-7度。雪で苦しんでいる地方の皆様に笑われてしまいそうですが、やっぱり寒いものは寒い、根性無しの私です。

さて、このページのレイアウトを変えてみました。少し前からシンプルな構成で、写真の大きなページにしたくて、作り直したのですが、結果的に全然面白味のないページになってしまいました。(^_^; まあ、センス無い私ですから、こんなところでしょうか…。

紅葉を求めて

霜の畑

今朝、最低気温が1度となり、氷点下の朝も目前の河口湖地方。いよいよ寒くなります。隣の畑に霜が降りていました。

河口湖付近の紅葉

数日前から、紅葉が気になっていたのでチョットだけ偵察に…。紅葉の撮影はあまり日が上がらないうちがよいので、9時30分頃の撮影です。山は半分くらいの所まで紅葉。


紅葉スポット

河口湖の紅葉は、モミジが多い湖北側がお薦め。富士山と紅葉を一緒に撮影することが出来るスポットへ行ったのですが、ご覧の通り、まだ緑色。

黄葉した銀杏

フラフラさまよって、小学校の校庭に素敵な銀杏を発見。

紅葉したツタの葉

ツタの葉っぱが真っ赤だな~♪

モミジの紅葉

帰りの道で待望の素敵なモミジ発見!なんと表現したらよいのでしょう、この色。日本の秋バンザイ!

モミジの紅葉

現地で綺麗だな~と思っても、帰って見ると全然色が違う!ということが多々あるデジカメ写真ですが、今回は肉眼で見たモミジの色を持ち帰るこに成功。

赤、黄色、緑、黄緑…まるでモザイクを敷きつめたような色でした。日本の秋バンザイ!!

楽しい キャンプ

家から20分ほどのキャンプ場に2泊してきました。自然の多い山梨県に住んでいますが、日頃ゆったりと自然を眺める時間はないので、毎年ここに来ます。

私は水辺の景色が好きで、ビール片手にリクライニングチェアーに寝そべっていると、とても幸せな気分になれます。

2日間穏やかな日で、贅沢な時間を過ごすことが出来ました。来年は海に夕日が沈むキャンプ場に行く予定です。

富士山五合目 「お中道」

富士山五合目にある 「お中道」 と呼ばれるコースを歩いてきました。「お中道」 は富士山五合目から横に伸びる道をたどるハイキングコースで、ほぼ平坦で歩きやすく、雄大な景色も満喫できるコースです。

写真は五合目付近の富士山。午後行ったのですが、登山を終えて下りてくる方が大勢いらっしゃいました。みんな疲れている中にも満足げな表情。羨ましい。

五合目付近が植物の住める限界のようです。山肌には所々に亀裂があり、下から見た様子とだいぶ違います。

突然現れた土砂流の後。解けだした雪がつけた跡でしょうか?倒木が力の大きさを物語ります。

多くの木々は西から東へ吹く偏西風により、真横になったり、西側に枝がなかったりします。天気が崩れると、恐ろしい強さの風が吹くのでしょう、怖い。

地面の様子。赤茶 ・ 黒 さまざまな色の溶岩。場所により溶岩の色が変わります。岩と岩をぶつけると、キャリキャリ と高い音がします。

面白いこと発見!太陽光を背にすると地面が赤茶に見え、太陽の方を向くと黒っぽく見えます。

「あ~たま~を く~も~の~ う~えに~だ~し~」 歌のまんま。この日は五合目でも20度を超え、平坦な道を歩いても汗ばむ日でした。

このコース、小さな子供でも楽しめそうなので、お薦めです!ゴミを見ることは殆ど無く、マナーも改善してきているようです。

吉田の火祭り

富士山のお山じまいの祭り 「吉田の火祭り」 に行ってきました。

富士浅間神社の祭神が猛火の中で皇子を安産した、という故事に由来する祭で、400年も続いている日本三大奇祭の一つです。

浅間神社の参道。

巨木が並び、ひんやりとした空気の中を、遠くからおみこしが近づいて来ます。

 近寄ってくるのは、一番上の写真の 「お山さん」 赤富士を模したみこしです。地元で生まれ育った人がかつぎ、かつぐと「男」と認められるのだそうです。

この祭を彩る、大たいまつ。 高さ3メートル、直径80センチ。ヒノキとアカマツで作られ、200キロもあります。

氏子の玄関先に井げたに組まれたたいまつ。

日暮れ頃、みこしが奉安されると、約2kmにわたり70本以上のたいまつと、無数の氏子のたいまつに火がともされます。

行き交う人々、燃えさかるたいまつ、露天商の声。燃える火を見ていると特別な感情が生まれるのは、人間が動物だからでしょうか。

夏の終わりを告げる幻想的なたいまつの炎に、賑やかな祭の中、何か寂しさをも感じました。

秋めいてきました

桃狩り園の近くに、行く夏を惜しむようにアサガオが咲いていたので、パチリ。

秋めいてきたな~と感じる今日この頃。トンボが飛び、天が高くなってた感じで、朝晩が涼しくなりました。お盆が季節の変わり目だと感じます。


今年の夏も暑かったですね~。桃狩りは、土日限定で10日間開催したのですが、私は久しぶりに日焼けしました。普段は、日に殆ど当たらないので、見かけ健康になりました。(^_^;

山梨県の果物は、桃の時期が終わり、ブドウの時期となります。ブドウ好きな私には、楽しみな季節到来です。

花盛り 桃 桜 菜

一年中でこの時期にしか目にすることの出来ない風景を求めて、お出かけしてきました。

桃の花は、濃いピンク色。

遠くに甲府市街を望む。

今年も桜は見納め。

中央のピンク色が桃の花びら、他のは桜。

菜の花と、桃の花のコントラスト。

眠りから覚めた植物が、強烈な生命力で自己主張する…その中に身を置くと、自然と癒されていく感じがしました。

新宿でお買い物

東京へ行って来ました。目的は、果物店巡りと、本探し。歩いた新宿は、年末の土曜日にしては、人が少ない?感じでした。年の瀬は、年々イベントではなくなってきていますね。

この時期の果物店はイチゴです。九州の 「あまおう」 の取扱い量が増えているようです。やっと品質が落ち着いてきた?ということでしょうか。今年は台風で少なからず被害を受けたでしょうから、健闘すると良いですね。

 一方、以前は高級品だったメロンですが、すっかりパッとしない果物になってしまいました。果物の大きな流れは、「皮なし 種なし」 が好まれる傾向が年々強くなっているようです。

次は、お仕事の本を探しに本屋さん。コンピューター関係の本は、ヨドバシカメラの品揃えがよいです。ジュンク堂もなかなか、紀伊國屋南店も定番。

帰りのバスの待ち時間をヨドバシカメラでつぶしたのですが、インクジェットプリンターの性能が向上しているのに驚きました。写真は家でプリントアウトするのが当たり前、の時代が間もなく来ますね。

伊香保温泉で親睦会

以前お世話になった会社の退職者6名による親睦会で、この土日、群馬県の伊香保温泉へ行ってきました。

 現在は様々な業種に再就職していますので、話は尽きません。元上司は、小売業では仕事の出来る大変有名な方ですので、一晩話を伺うだけでたいへんな財産となります。今回も、沢山のヒントをもらいました。感謝感謝。

伊香保というと、この石段街が有名です。お店が軒を重ねるように並びます。

 泊まった宿は、伊香保では中程度の規模で、泉質は抜群でした。

今年は、温泉表示の問題や地震の影響で、その旅館だけでも1000人以上のキャンセルが出たそうです。ここに来て盛り返してきたようですが、大規模の旅館は、非常に厳しい状況とのこと。

早朝、ぶらぶら散策。紅葉は、ほぼ終わり。もうだいぶ寒かったです。

 温泉につきもののお饅頭屋さんは、仕込みで大忙し。

富士山写真日記 > お散歩

Feeds

ページの先頭へ戻る