富士山写真日記

富士山写真日記

2016 富士登山 ⑤ 山頂は「超」気持ちい~~

富士山頂から東京方面を望む

雲の上で気持ちよくお昼を取りながらしばし休息

東京方面を見ていますが
日を選んで登っても山頂ではこのように雲海で下が見られないことが殆どです
これで雲が無かったら最高ですがそれは奇跡に近いことです

この日の山頂は10℃ほどで暖か
お昼寝の娘を起こして
お鉢巡り(おはちめぐり)を始めます
火口一周1時間ほどです

富士山頂から静岡県側の眺め

※PCでご覧の方は写真をクリックすると960*640の画像が見られます

静岡側では海が見られました
東海道線に乗られて真北に富士山が見えたとき
山頂からはこんなふうに見えています

富士山馬の背

お鉢巡りは
時計回りがオススメ

写真の一番高い場所が剣が峰といい
旧富士山測候所があります

左側のそこへの道が「馬の背」と呼ばれ
斜度が40度ほどある滑りやすい斜面で
反時計回りするとコケまくります

富士山三角点に立つ

今年も来られた~~~!!
富士山頂 最高地点 剣が峰の三角点に立つ私

この瞬間日本で一番高い場所に私1人がいる
達成を感じる瞬間

富士山火口

右手に見えるのが富士山頂の火口
写真では到底伝わらない
巨大な非日常の景色

<<富士山頂トリビア>>
上の写真中央下に赤のペイント見えますよね?
実はここが一番高い場所らしい
テレビで登山家の野口健さんがおっしゃっていました
富士山頂に行かれることがあったら探してみてください

富士山火口

しばし山頂の風景を楽しみ
午後1時から4時間かけ下山
5合目にはちょうど5時に到着
日が沈む前に帰ってくることが出来ました

娘の体調もその後崩れることなく
天候も安定していて
今回は理想的な登山でした

 

今回で登頂何回目でしょうか?
数えなければわからないほどになっています

私は何を求めて登り続けているのでしょう?
⇒非日常的な景色の鑑賞
子供との一年に一度のドラマ作り
山頂の爽快感
肉体維持

こんなところでしょうか

今年春に長女が巣立ち
次女もいずれ巣立ちます
その時1人で登るかな?

1人だったら登らないかも?

ということで
興味のある皆さん
一緒の登山検討しておいてください
ヽ(^o^)丿

2016富士登山これにて終了
また来年

2016 富士登山 ④ 山頂を目指せ!

9合目を目指す

本八合目を出発した我々を待つのは
9合目そして山頂
山頂までは標高にして350mほどしかないのですが
ここからは傾斜もきつく
体力的にも最後の難関となります

本八合目からは9合目の鳥居と
山頂の鳥居が見えクライマックスが見てわかります

 


ここからの娘の頑張りが凄かった!
今までヘトヘトになっていたのが嘘のように
淡々と登り始めました

どこにそんな体力があった?
そんなラストスパートでした

そして

富士山頂 登頂

なんと登頂は目標としていた11時ちょうど!
本8合目から山頂までを1時間で上がるのはなかなかたいへん
「よく頑張ったね!」 とハグしてあげました

 

聞くと
本8合目から頂上までが一番楽しかったとのこと
もしかしたら高山病になりかかっていて
休憩をとることで治まったのかも知れません

 

吉田口登山道で
登り5時間30分はけして早くはありませんが
娘にとっては
改めて幾つかを学ぶことが出来たと思います

そして

富士山頂で気持ちが良いお昼寝

力を使いはたしたのか
お昼寝

 

富士山頂でのお昼寝は
「超」気持ちいいです

本当は火口を巡りながら
人のいないところで眠るのが
一番良くて
まったくの無音の中
刻々と変化する雲をボーと眺め
うつらうつらするのが
私が大好きな最高のお昼寝です

 

暫く休んだら
お鉢巡り(火口一周)を楽しみます

2016 富士登山 ③ 復活!そして最後の難関へ

富士山8合目の景色

ダウンした娘
復活するには時間をおくしかありません

8合目からの景色
美しい稜線ですがきつい傾斜ですね
雲海で下の景色はあまり見られませんが
風は殆ど吹かず上着2枚でも暑く感じます

黄色く見えるのはこれ

富士山で働く重機

今はこんな機械で山小屋へ物資を運んでいますが
その昔は馬を使っていたそうです

 

20分ほど休憩をとり
なんとか娘が復活
ここから頂上までは傾斜もきつく
体力の消費もあり一番の難所となります
1時間で登り切れれば
ちょうど11時

 

「あと1時間で登るぞ!」

と娘に改めて目標を伝え8合目を出発
今までのペースだと目標達成は難しそうだな・・・

2016 富士登山 ② 6合目から淡々と登る そして今年も・・・

富士山6合目

6合目に到着
5合目と6合目は標高的にほぼ同じ
ここから本格的な登山が始まります

天気は雲が動いていますが
悪くはならないはず

この場所で必ずやらなければならないことがあります
それは
日焼け止めを塗ること

晴れても曇っても
富士山は日陰がなく
紫外線むちゃくちゃ強いです
必ず用意しましょう!

富士登山 岩場にさしかかる

富士山から東京方面の眺め

富士山には登山道が4ルート有り
我々は山梨側の登山道(吉田ルート)を登っています
登山道を外れなければ危険箇所はありません
ですので私のような素人でも安心して登れます

登山道は岩場と砂利場が交互に現れる感じで
振り返って見えるのは富士山東側
東京方面です

写真のように
晴れていれば非日常的な美しい景色が迎えてくれます
富士山が独立峰で視界を遮る物がないゆえの見晴らしで
この景色を楽しみたく毎年登っています

本当に気持ちが良い!

富士登山 本8合目 バテる娘

登りだして4時間
時刻は9時30分
本8合目に到着
標高3,360mですから
1,000mほど登ってきました

 

とここで娘がダウン

昨年は高山病にかかり途中だいぶ休みを取ることとなり
登頂まで7時間30分もかかりました

しかし今年は
私と一緒に坂道ダッシュの練習を少ししたので
唇が真っ青のような症状は出ていません
単純に体力不足です

出来れば11時までに登頂すると
明るいうちに5合目まで戻れるので
あと1時間で登り切りたいところですが
どうなるでしょう?

 

※おまけ
私の富士登山のためのトレーニングについて聞かれたので書きます
近所の土手
近所にあるこの土手をダッシュで駆け上がり
下山時のような足取りで下りてくる
富士山は標高が高いためヘモグロビンを活性化しておく必要があることと
体を上に持ち上げる力が必要なこと
下山時の膝への負荷に慣らせておくためのメニューです
これを一日おきくらいに連続30本やっておきますと
私の肉体で無理なく登頂できると知っていますので
バロメーターにしてトレーニングしています

2016 富士登山 ① 5合目から6合目へ

朝の富士山

今年も恒例のこのイベントの日となりました

わが家の富士登山の時期は決まっていて
・富士スバルラインのマイカー規制(期間中5合目へはふもとからバス利用となる)が終わった後
・天候の良い9月中の土・日
・理想は山小屋が営業している期間

山小屋が営業していると
飲み物を途中で買えますので
荷物が減り体力を温存できます

多くの山小屋が今年は9月10日で
営業終了となりますので
それまでに登りたいと思い
娘と協議して
ズル休みして台風一過の
9月1日(木)に登山決行となりました

富士山5合目から6合目へ

日の出と山中湖を望みながら
5合目を5時30分にスタート
6合目向かいます

5合目の標高が2,300mなので
山頂までは約1,500m登ることになり
体力は必要です

つづく

富士山をテーマにした撮影の旅

3月2-3日
大学時代の友人と富士山をテーマに撮影の旅に出ました

以前は写真撮影が趣味でしたが
最近はご無沙汰で
久しぶりに楽しさを味わいました

2日間で460カットほど撮り
11枚を選びました

画像は元データに対して
最小限の調整にとどめています

撮影カメラは
既に廃盤となっている
富士フイルムの S5 Pro
レンズは AF-S DX Zoom-Nikkor 17-55mm f/2.8G IF-ED
を使っています

写真をクリックすると大きな画像(1200×803)が見られます

新倉山浅間公園にて龍

~ 続きを読む ~

2015 富士登山 ④

富士山頂からの景色
富士山頂には非日常の景色が広がります
登るたびにその表情は変わりますので
何回登っても驚きがあります

山登りは皆そうでしょうが天気で印象がガラリと変わります

富士山火口の様子
富士山は実に多彩な色を身にまとっています
自然の作り出す芸術に
しばし立ち止まり飽きもせず眺めてしまいます

富士山下山道
午後3時頃から下山を始めました
下山の注意点は膝に衝撃がこないように
小刻みに足を運ぶこと

坂なので大股でドンドンと駈けるように下りると
途中から膝が悲鳴を上げ
最悪動けないほどの痛みとなります

また
ヘッドライトは必需品で
いつ登りだしても持っていく必要があります

下山は
思いのほか時間がかかります

途中から娘の膝が痛み出し
休憩をとったため
5合目に到着したのは午後9時でした

登るのに7時間30分
お鉢巡りに1時間
下山に6時間

富士登山は楽な登山ではありません

ということで
本年も無事に帰ってくることが出来ました
大自然を満喫できるイベント
来年も登ります

おわり

2015 富士登山 ③

20150919_2636
高山病から復活した次女
へとへとになりながらも
なんとか登頂に成功
よく頑張った!

時刻は午後1時
なんと7時間30分もかかってしまった


火口の様子はこんな感じ

お昼を食べたらお鉢巡りに出発です
一周1時間かかりますので
下山のことを考えると
ゆっくりしていられません

富士山頂から見る駿河湾 気温5.2度
風は多少強いのですが
眺めは良好
で初めて駿河湾を見ることが出来ました

富士山頂 剣が峰
そしてそして
馬の背を登り切り
剣が峰に到着

日本一の高さにいる瞬間
最高に気持ち良いです

つづく

2015 富士登山 ②

富士登山
6合目からはこんな感じの登山道をたんたんと登ります
気をつけたいのは

1.深く呼吸する
2.話が出来るくらいのペースで登る

ことです

富士登山
途中から岩場も現れ
簡単に登れなくなります

手袋は必需品

20150919_2625 次女が元気ない?と思っていると
唇が白く・・・

あらま
高山病になりかけています

深い呼吸を心がけていないと酸欠になり気持ち悪くなります

また
水分の適度な摂取も必要です

高山病になると落ち着くまで休むしかありません
ここで30分ロスタイム

回復するのを待ちます

つづく

2015 富士登山 ①

20150919_2619 2015 富士登山 開始です

9月19日 午前5時20分
天気は予報通り晴れていて気温も低くありません
山の天気は変わりやすいので
荒れないことを願うばかりです

今回は次女中一との登山
この日に備えて私は走り込んできたので
たぶん体力的には大丈夫のはず
今日は次女のまだしたことのないお鉢巡りをするのが目標です

富士登山 6合目に向かう途中
快晴の空と左眼下に山中湖が見えます

20150919_2621
比較的平坦な道を歩き6合目に到着
ここから本格的な登山が始まります

つづく

富士山写真日記 トップへ

【 他の記事の写真 クリックで記事へ 】
random image ロボット兵 河口湖積雪 random image random image random image random image
Feeds

ページの先頭へ戻る